トップ / インプラントの治療材料

インプラントの治療材料

インプラントの異変

歯根

インプラントが割れる危険性

インプラント治療には硬い治療材料が使われますが、被せ物をしている場合などにこの被せ物が割れることがあります。硬いとは言え、かなり強い衝撃を受けるとその強さに耐えきれずに割れてしまうのです。この場合、気づいたら早めに対処することが何よりも大切です。口の中の粘膜は少しの怪我でも傷口が大きくなりやすく、また物を食べたり飲んだり、場所によっては話すときに何より不便です。インプラントの異変に気付いたら早めに専門医に相談し、口腔内のチェックと合わせて早期にメンテナンスしてもらいます。そのためにも、定期的な自己点検を忘れずにしましょう。

かけたり割れたりすることも

インプラントは失った歯の部分に人工のの歯根を埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせると言う歯の治療法です。ケアをしっかりと行うことで長い期間健康な歯を保つことができるものですが、噛み合わせがあっていなかったり、歯ぎしりや食いしばりなどの癖があるとインプラントに負荷がかかりすぎてしまい、かけてしまったり割れるなどと言ったことが起こることもあります。埋め込んだ歯根が折れるなどと言うことは起こりにくいですが、その上にかぶせた人工の歯がかけたり割れることがあります。歯ぎしりの癖などを自覚していると言う場合は就寝時用のマウスピースなどを利用するのもそういった事を防ぐ良い方法です。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントで好印象に. All rights reserved.