トップ / インプラントやらなきゃ

インプラントやらなきゃ

インプラント情報です

歯根

糖尿病とインプラント手術の関係

糖尿病の方は、インプラント治療を行う際に考慮するべき点が二つあります。まず、糖尿病は細菌の侵入に対して抵抗力が弱いため、傷が感染しやすい、傷口が治りにくいといった点があります。場合によっては、抗生物質の適切な服用など、感染対策を十分にしておくことで問題なく治療を行えます。次に、手術当日の内服や自己注射のタイミングにより、血糖値が下がりすぎて低血糖の症状が出現する場合があるため、インプラント手術の前には、患者の内科の主治医との連絡をとり、適切な処置を行うことで、手術を安全に行うことができます。

費用以上の効果があるインプラント

歯が抜けてしまった時の対処法には、従来までは入れ歯もしくはブリッジが主流でしたが、現在は人工歯根(インプラント治療)が主流になりつつあります。虫歯になると自然に治ることはありません。永久歯が抜けたら、2度と生えることはありません。このように、健康な歯を維持するのは厄介なことです。現在、人工歯根の治療は自費診療ですが利用者は増えており、なぜ増えているか、それは費用以上の効果があるからです。厄介な歯も、人工歯根であれば自然歯とかわらない見た目、噛み応えが得られます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントで好印象に. All rights reserved.